医師から腰部捻挫を告げられたテニスのせいかも

まだ20代のわたしが、なんとぎっくり腰になってしまった悲しい話を聞いてください。

あれはわたしが友達に誘われて、テニスを始めてから3か月たったときのことでした。

テニスを始めたきっかけは、その友達が「テニスをする女性は優雅で、もてる」という話をしたからです。

 

実際、その友達はテニスを始めてほどなく、同じテニス場で知り合った男性とつき合うようになりました。

言葉だけでなく、実際にそういう例があったものですから、わたしもうらやましくなってしまったわけです。

浅はかな考えでしたが、わたしも恋人が欲しくてテニスを始めたということなのです。

 

今まであまり運動をしてこなかったわたしですが、今回だけは一念発起してみました。

でも、まあ、テニスって、やってみると意外に楽しいもので、結構のめり込んで練習していました。

残念ながら、男性と知り合うという機会には恵まれませんで、そういう意味では失敗でしたけど。

 

さて、3か月たって、そろそろラケットでボールを打つという動作にも慣れてきたころ。

今までろくに運動をしていなかったわたしの身体に、無理がかかっていたことに気づかされました。

     

このページの先頭へ