亜急性連合性脊髄変性症ビタミン不足によって脊髄に変性を起こす病気

亜急性連合性脊髄変性症

ビタミン不足によって脊髄に変性を起こす病気があることを知っていますか?
亜急性脊髄連合変性症は、ビタミンB12が欠乏し、脊髄が徐々に変性してしまう病気です。
脊髄とは神経線維の束で、脳から出された指令を各組織に伝えたり、全身で感じた触感や体のバランスなどを脳に伝える重要な役割を担っています。脊髄の一部に変性が生じ、感覚神経(触覚・振動覚・痛覚など)、運動神経(体を動かす指令)が正常に機能しなくなります。
注射でビタミンB12を補充する治療がおこなわれますが、脊髄神経の回復の度合いは変性の進行状態によって異なってきます。

亜急性連合性脊髄変性症の原因

約1万人に1人の割合、40歳以上の人に多く発症すると言われています。
ビタミンB12の欠乏症は、胃粘膜でビタミンB12を吸収できない特殊な状態によって起ります。
ビタミンB12は、シジミ・赤貝・すじこ・牛レバーなどの食品に多く含まれていますが、欠乏症は食事摂取の内容や量とは関係性がほとんどありません。

 

神経細胞は細長い「髄鞘」という鞘に包まれています、ビタミンB12欠乏症でははこの髄鞘が損傷を受けた状態になります。

亜急性連合性脊髄変性症の症状

自覚症状は、全身の脱力感やだるさ・筋力低下・手足のしびれやチクチクする感じ・脚の硬直などの不快な症状です。不快な症状は、治ったり出現したりすることなく、持続することが多いと言われています。

 

身体の動きをコントロールする運動神経、感覚をつかさどる感覚神経の両方が障害されるため、上記の症状と共に、触覚、圧覚、振動覚などが徐々に損なわれます。

 

心理面の変化としては、苛立ちや性格の変化、強い眠気、錯乱などの症状が現れることがあり、認知症と勘違いされることもあります。来られの症状は、アルツハイマー病、虚血性脳血管疾患(脳卒中)、著しい脱水、一部の薬剤の副作用によっても出現するため、鑑別が必要です。ビタミンB12の補充療法で速やかに改善することがほとんどです。

 

亜急性連合性脊髄変性症の診断

血液検査で、ビタミンB12血中濃度測定することによって確定診断できます。
この検査はすぐに結果が出ない事が多く、普通のクリニックでは最短でも1日はかかります。

 

欠乏症が確認されれば、ビタミンB12の注射補充療法を行います。経口投与薬では、ビタミンB12を吸収できない事が多いため、注射が有効です。
ビタミンB12の注射薬は、整形外科疾患による手足のしびれ(末梢神経障害)の治療に良く使われるため、注射はどの病院でも受けることが可能です。

 

ビタミンB12欠乏症と悪性貧血

食品からビタミンB12を吸収するのは胃粘膜です。
体中に酸素を運搬する重要な働きをする、赤血球を生成するのにビタミンB12は不可欠です。
欠乏することで、正常な丸い形の赤血球を生成することができず、いびつに変形した赤血球しかできなくなってしまいます。いびつな赤血球は正常な運搬機能を持たないため、悪性貧血 (あくせいひんけつ)を起こします。

 

悪性貧血は、胃粘膜が無い、胃粘膜が機能しない状態で起こります。具体的には、胃がん等で胃全摘手術(胃をすべて摘出し食道と腸を縫合する手術方法)、ダイエットの目的での胃バイパス手術の特殊な消化管手術の術後合併症として起こります。

 

亜急性連合性脊髄変性症と悪性貧血は同時に起こることが多いため、亜急性連合性脊髄変性症を疑う場合は、症状と共に胃の手術を受けたことがあるかを確認することが重要です。

 

まとめ

いかがでしたか?
ビタミン不足により脊髄が変性する亜急性連合性脊髄変性症はあまり知られていない病気です。

 

神経の直接圧迫が原因で起こる手足のしびれ、痛みを起こす他の病気と治療法が全く異なっています。採血検査による早期発見と、ビタミンB12補充療法が必要です。
胃の手術を受けられ方は特に亜急性連合性脊髄変性症を起こしやすい状態と言えます。普段から症状に注意し気になる症状があれば早めに受診しましょう。

     

このページの先頭へ