腰椎椎間板ヘルニアで入院手術したことがあります

腰椎椎間板ヘルニアは珍しい病気ではありません。

基本は手術はしない方向で治療することが多いです。

 

安易にヘルニアの手術をすすめる医師がいたら、気を付けたほうがいいというくらい…簡単に手術はしません。

 

まずはリハビリをして、どうしても痛みが取れなかった場合に「本人が希望すれば」手術します。

 

ただし、手術しなければとれない症状があるばあいは話が違います。そうした症状がある場合はすぐに手術となります。

 

私の場合、手術しないと消えない症状が出てしまったため手術することになりました。

 

その症状は、排尿障害です。

他にしびれや麻痺、足の神経痛など典型的な症状もありました。

 

足は指がまったく動かせなくなりました。

でも、排尿障害がなかったら…すぐに手術にならなかったかもしれません。

 

排尿障害はヘルニアでは珍しい症状です。

キャリア30年以上のベテランの医師でも、過去に5人も見たことがないと言っていました。

 

最初に診察を受けた病院は入院施設がなかったので、紹介で別の病院に行きましたが…そちらでも似たようなことを言われました。

排尿障害があると言ったらすぐに「珍しいな…」と言われました。そしてすぐに手術が必要と言われたのです。

 

しかし、この排尿障害…やっかいな問題を抱えていました。

ヘルニアを取り除いても排尿障害がなくなる保証はない、というのです。

症状が残ってしまうことも多く、消えない可能性がけっこうあると言われました。

 

それでも手術しなければ確実に治すことはできない。それがヘルニアの排尿障害です。

 

幸運なことに、私は手術後1週間ほどで排尿障害の症状が薄れ、やがて消えました。

消える、ということ自体が珍しく幸運だったようです。

 

手術後、執刀した先生は何度も排尿障害の状態を確認する質問をしてきました。

他の症状については何も質問しないので…そのくらい治癒が難しい症状だったのだとわかりました。

 

 

痛みやしびれは手術すれば消えます。

ただし、ヘルニアは完治することはないので、再発する可能性は残ります。

 

 

ヘルニアになってしまうということは椎間板の軟骨が弱っているということなので、他の部位がヘルニアになることもあります。

私の場合はそのリスクが高いようで…重いものを持たないように注意を受けています。

 

 

普通に生活して運動していい人もいるので、私は本当に重傷な椎間板ヘルニアを体験したのだと思っています。

     

このページの先頭へ