腰痛になりやすいスポーツは? 腰痛改善に大切なのは運動・スポーツとの付き合い方だった

スポーツと腰痛の関係

腰痛に悩まされているという人は非常に多いのではないでしょうか。

腰痛の原因は様々で、デスクワークをしている人はずっと同じ姿勢で座っていることによって腰痛になりますし、ぎっくり腰のように強い負荷がかかることで腰痛になる場合もあります。

そして、腰痛はスポーツとも関係が深いものです。スポーツと言えば動きが激しいものもあるので、腰に負担がかかり腰痛になるのです。そのため、頻繁にスポーツをしている学生でも腰痛に悩まされているという人がいます。

しかし、スポーツの中には腰痛に効果的なものもあります。

そこで、腰痛になりやすいスポーツと、腰痛に効果的なスポーツを見ていきましょう。

 

腰痛になりやすいスポーツとは?

golf

まず、腰痛になりやすいスポーツです。

腰痛になりやすいスポーツとして挙げられるのが、バスケットやサッカー、テニスです。これらはどれも激しい動きを伴います。それに加え、背中を反るような動きや、腰をひねるような動きが必要になります。そのため、腰痛になりやすいのです。

しかし、これらよりもさらに腰痛になりやすいスポーツがあります。それは意外にもゴルフなのです!

バスケット、サッカー、テニスが腰痛になりやすい原因として、腰をひねる動きがあることを挙げました。

ではゴルフはというと、腰をひねる動きが基本となっています。この腰の動きがゴルフのうまさにもつながるほどです。

またゴルフでは横向きに構えてボールを打ちます。そのため体を左右不均一に使ってしまいます。これも腰痛につながるのです。

 

腰痛の時に避けるべき運動

腰痛の時にはもちろん前述したとおり、バスケットやサッカー、ゴルフなどのスポーツは避けるべきですが、そのほかにも避けるべき運動があります。

それが筋トレです。腰痛になり病院へ行った場合、病院によっては腰の筋肉が足りないために腰痛になってしまうと言われることがあります。そういわれた人は筋トレを始めることでしょう。

しかし、筋トレをすることは筋肉をこわばらせることにつながります。腰痛の原因は筋肉が固くなることで痛みを発している場合があり、筋トレをすることでさらに痛みを助長させる恐れがあるのです。

筋トレをしても腰痛は治らないので、腰痛になっている時は尚更筋トレは避けるべきです。

 

腰痛に効果的な運動やスポーツ

pu-ru

腰痛の際には、運動やスポーツは避けるべきです。しかし、皮肉なことに腰痛を治すにも運動が必要になります。腰痛の原因は腰の筋肉が固くなることでした。そのため、筋肉をほぐすような運動が腰痛の改善には必要となるのです。

腰痛に効果的なスポーツとして挙げられるのが、水泳です。水泳であれば水の中にいるため、身体に浮力がかかり腰への負担が減ります。そのような環境でゆっくりと泳ぐことで、腰に負担なく、腰痛に効果的な運動ができるでしょう。しかし、水泳でも様々な泳ぎ方があり、バタフライや背泳ぎは逆効果になりかねないので避けるべきです。

また、自転車に乗ることも腰痛にはちょうど良い運動です。自転車はサドルに腰かけているので、腰への負担が小さくなります。そしてペダルを漕ぐことで、ほどよい運動になるのです。

そのほか、ストレッチポールを使用したストレッチなども非常に効果的だと言われていますが、どのようなスポーツもやり過ぎれば逆効果ですので、ほどよく行う様にしましょう。

 

腰痛改善のポイントは運動との付き合い方にあり

以上のように、腰痛とスポーツは非常に深い関係がありました。

スポーツをすることで腰痛になりやすいですが、腰痛を治すのもまたスポーツです。腰痛を改善するには、避けるべき運動は避け、最適な運動やスポーツを程よく取り入れることが大切です。

普段から運動をしている人や、慢性的な腰痛を持っている人は、運動との付き合い方をもう一度見直し、腰痛になりにくいような身体を作っていきましょう。

     

このページの先頭へ