成長痛による腰痛

僕が初めて腰痛を経験したのは中学生の頃です。

二世帯住宅なので小学生のころは祖父母が腰痛について悩んでいるところを見かけていました。しかし、当時僕は腰痛について全く悩んでいなかったためその痛みが分りませんでした。
しかし中学生になり(おそらく当時は2年生ぐらい)1年で身長が15cm程伸びる時期が訪れました。

ある日、起床すると今まで味わったことのない痛みを感じました。陸上部の練習による筋肉痛かと思いましたが歩くたびに腰にしみるような激痛が走りました。部屋が2回にあるため会談を降りるのですら苦痛でした。朝食を食べている際、親に相談しましたが「そのうち治る」「今週は部活休んだら」などの返事しか返ってきませんでした。

ハンドボール

授業中は余り気になりませんでしたが、体育が苦痛でした。運が悪いことにその日はハンドボールの日でした。運動部に所属していたので、準備運動のトラック2周の際にゆっくり走っていると教師に怒られるので痛みをこらえながら走りました。

■ハンドボールによる腰痛の影響

ハンドボールはジャンプをしたり、投げたり腰に負担がかかるスポーツなのでテンションはダダ下がりでした。チームに分かれた後、最も動く量が少ないと思われるキーパーかディフェンスに就くことで当日は耐えました。

体育の後、友達に痛みのことを相談すると「それ、成長痛ちゃうん?」と言われました。家に帰って再度親に相談してみると後日病院に行くように勧められました。週末に整骨院へ行き見てもらうと成長痛と言われました。痛みは治まりませんでしたが、原因が判明したので安心しました。部活もしばらくは負担にならない程の筋トレで免除してもらいました。

痛みはその後1か月ほど続きました。気が付けば痛みは消えていました。中3になるまで腰以外に肩が痛むこともありました。現在では残念なことに成長が止まったため全く痛みは感じません。腰痛と聞くと高齢者に多い印象がありましたが、若者の間でも成長痛や冷え性などと言ったことから腰痛になることを身を持って知りました。

     

このページの先頭へ