座る姿勢で腰痛が悪化する?椅子か床に座るかどうかでも違うらしい

 

 座るという姿勢は腰痛を悪化させることもある

 

床に座る

ずっと座っていて、急に立ち上がろうとすると腰が痛くなるということはありませんか?

デスクワークをしている人は仕事のほとんどを座って行います。

たまにコピーをするためにプリンターまで移動しようとすると、腰の痛みを感じることがあります。

 

これは、座っていることが腰に悪影響を及ぼしている証拠です。

 

座ることで腰痛を発症してしまったり、すでに腰痛の場合は腰痛を悪化させたりする恐れがあります。

 

椅子に座っているとリラックスできそうですが、実際には腰に負担がかかっている状態です。

これはなぜでしょうか。

 

人は立っている時は脚に負担がかかります。それが座ることで腰への負担に変わるので、体重が腰にかかることになります。

また、座って作業をする場合、作業中はあまり動くことがないので姿勢が固まってしまいます。

これも腰への負担になってしまいます。

 

仕事などでは、座り心地の良いオフィスチェアなどを使っているかもしれませんが、座ることで腰に負担がかかる以上は、対策をしない限り無意味と思っても良いでしょう。

 

 

座る場所による腰への負担

 

座ること自体が腰への負担になりますが、座る場所が違うことでも負担は変わります。

例えば、イスに座ることもあれば、ソファに座ることもありますし、床に直接座ることもあります。

また、イスやソファでも材質が違えば、座り心地も変わります。

 

ソファに座った場合

ソファで脚を組む

ソファは座り心地もよく、柔らかいソファであれば快適に使うことができますが、そこに罠が潜んでいます。

 

ソファは座面が床に近いため膝よりもお尻が低い位置に来てしまいます。

特に柔らかいソファや低反発素材の場合だとお尻が沈み込むので尚更です。

この時、背骨が不自然な形になってしまい、腰の周りの筋肉もそれに合わせた状態になります。

そして、快適だと長時間使ってしまいます。

つまり、背骨も筋肉も不自然な形のままで固まってしまい、いざ立ち上がった時に腰に痛みを感じます。

 

イスに座った場合

柔らかすぎるソファは腰に負担を与えるのであれば、硬めのイスであれば腰への負担は少なくなります。

高さも、きちんとした姿勢を保つことができる高さなので、腰痛の人には最適なものです。

 

しかし、小学校で使っていたような木製のイスなど、硬すぎるイスは逆に腰を痛めてしまいます。

この場合はお尻が全く沈み込まないためです。

 

そして、座るという行為の中で最も腰に負担がかかるのが、床に座るということです。

床に座る場合の座り方は様々あります。

正座やあぐら、体育の授業でも使われる体操座りもあります。

 

しかし床に座る場合、どのような座り方をしても腰に負担がかかってしまいます。

腰への負担は避けられないということです。

座椅子やクッションを使うことで負担を軽減することはできますが、やはり床に座ることは避けるべきでしょう。

 

 

座り方ひとつで腰痛になりにくくする

 

足を組んでいる

座るという行為は腰に負担を掛けやすいものですが、座り方を変えることで腰への負担を和らげ、腰痛になりにくくなります。

 

まず、床に座ることは総じて腰に負担がかかるので止めましょう。

高齢者の人は座椅子を使っていることも多いですが、可能な限りイスを使うことをおすすめします。

 

そして、イスに座る際の悪い座り方は次のようなものがあります。

 

・脚を組む

・猫背になる

・机に肘をつく

・背もたれに寄りかかる

 

などです。

これらは全て腰に負担を掛けます。

脚を組むこと、机に肘をつくこと、背もたれに寄りかかることは骨盤をゆがませる原因になりますし、猫背は背骨を不自然な形にしてしまいます。

 

まずは、これらの座り方をやめて、姿勢を正し、まっすぐと座ることを心がけましょう。使うイスは、リクライニング機能のついたチェアがおすすめです。

 

また、中には骨盤を矯正する機能をもったイスも販売されています。

座るだけで骨盤が正常な位置になり、姿勢が自然と正されます。

これによって腰痛を軽減する効果も持っています。

さらに、この椅子を使うことでダイエットに成功したという女性も多くいます。

 

 

座り方を正して快適な生活へ

 

おそらく多くの人は、悪い座り方に当てはまっているのではないかと思います。

特に脚を組んでしまうことはよくあります。

 

しかし、座り方を正すだけで腰痛の危険性を減らし、腰痛が改善できることもあるのです。腰痛がなくなれば生活も快適なものになります。

 

一度、自分の座り方、座っているものを再確認してみましょう。

     

このページの先頭へ