足のしびれが止まらなくてきつい坐骨神経痛

夜勤などで重たい物を持つような、調理現場とか、朝までに出さないといけないような、忙しすぎる何かの現場において、工場で勤務する人がなりがちです。

かつて、私もなったことがあります。

すごく痛くて、靴下もはけませんでした。

あんまりひどかったから、すぐにレントゲンを撮ったり、痛み止めの薬を処方してもらったりしましたし、その後、先生が、もっと今後治すのに、いいところを紹介してあげるから…と、紹介状を書いてくれたので、その病院の近くにあった、電気治療したり、マッサージしたり、回復するためのトレーニングを教えてくれるような整体の治療院に通うようになりました。

 

かなり、いろいろ、やりましたけど、すごく楽になりましたし、温熱療法とか、自主的には電気風呂にも自分から入りに行ったり、ゴムを締めてストレッチを毎日欠かさずやったり、涙ぐましい努力をしました。

かなり、入念に頑張りました。

そのかいあってか、とうとう治すことに成功しました。

あの時には足のしびれもつらかったし、そのためにとうとう会社もやめないといけなくなったけど、とにかく、無理をしないことと、あと、もうくせになっているので、背筋をやったり(1日100回)とにかく、前にかがむような姿勢をとり続けたり、同じ姿勢で毎日重たい物を持ち上げたりしないことが大切です。

もう、なったら、会社をやめなくちゃいけなくなるから、背筋は前のところが癖にならないようにするために気がついたらやるようにします。

信じられないけど、あれで男の人たちは重たい物を持ち続けたり、無理をしても、坐骨神経痛にはならないんですよ。こういうのは私は現役バリバリのベテランに聞きました。

     

このページの先頭へ