肉離れってどんな症状?原因と、治療法についてまとめました!

実は詳しく知らない肉離れ。きちんとした原因や対処方法を知っておきましょう!

 

肉離れとはどんな状態なのか

肉離れ

スポーツをしている人、またはスポーツ感染が好きな人は耳にすることが多い肉離れ。スポーツ選手でも肉離れを起こして試合に出場できないということもあります。

 

肉離れと名前は聞いたことがあっても、実際にはどのような状態かを知らない人も多いのではないでしょうか。

 

肉離れは決して肉が離れた状態になるわけではありません。筋肉が断裂して損傷を受けた状態のことを肉離れと言います。筋繊維が一部断裂している場合も全てが断裂している場合も総じて肉離れと呼びます。

 

肉離れは筋肉であればどこでも起こり得ますが、多くは脚の筋肉で起きます。大腿部やふくらはぎではよく起きます。

 

よく筋肉痛と混同されてしまいますが、筋肉痛は筋繊維が断裂しているわけではないので痛みが徐々に出てくるのに対し、肉離れは急激な痛みに襲われます。

 

 

肉離れになる原因とは

 

肉離れは筋繊維が断裂することで起きますが、どのような原因によってそのようなことが起きるのでしょうか。

 

筋繊維が断裂する原因は、筋肉が収縮する力にあります。

筋肉が急激に収縮した場合、その力は非常に強力なものになります。非常に強い力で引っ張られるため、筋肉自体が耐えきることができなくなり筋繊維が断裂してしまうのです。

 

筋肉が急激に収縮する場面はスポーツをしている時など筋肉を動かしている時なので、スポーツ選手は肉離れを起こすことが多いのです。

 

また、ダイエットを始める女性など、普段運動をしていない人が急激に運動をする場合は、運動に対する筋力が足りずに筋肉が耐えられなくなり、筋繊維が断裂します。筋肉が疲労した状態で運動をする場合も、筋肉への負担が重なり筋繊維の断裂に至ってしまいます。

 

筋肉が硬くなりしなやかさを失うことでも筋繊維が断裂しやすくなります。筋肉が柔らかければ収縮してもある程度は対応できますが、硬ければ収縮と同時に負担がかかることになってしまうのです。

 

 

肉離れを防ぐための予防方法

準備体操

肉離れを防ぐための予防方法として挙げられるのは運動前のストレッチです。予めストレッチをしておけば、筋肉に急激な負担がかからなくなるので、肉離れを防ぐことができるとされています。

 

しかし、運動前のストレッチで肉離れを防ぐことができることは間違えていないものの、危険性が潜んでいます。それがストレッチによる肉離れです。

 

肉離れの対策として行ったストレッチで肉離れが起きる可能性もあるのです。ストレッチは筋肉を伸ばすなどしますが、それが急激な運動と同様の働きをしてしまい、肉離れにつながるのです。まさに本末転倒となってしまいます。

 

それでは、どのように予防すれば肉離れを防ぐことができるのでしょうか。

 

 

最も効果的な方法は筋肉を温めることです。

寒い環境の中などで筋肉が冷えてしまうと、筋肉は固くなってしまいます。その状態でストレッチを行うことは危険です。筋肉を温めておけば、筋肉を柔らかい状態にすることができ、運動をしても筋肉の負担になりにくくなるのです。

 

 

肉離れの治療法

 

万が一肉離れが起きた際、どのような治療法で治療が行われるのでしょうか。

 

まず、肉離れになった時には応急処置が大切です。肉離れになった場合はすぐに運動を止めて安静にします。そして、患部を氷などで冷やします。筋繊維が断裂して内出血が起きるため、冷やして内出血を抑える必要があります。

 

応急処置では絶対にマッサージなど、患部を揉むようなことはしないでください。余計に出血が激しくなり、痛みも強くなってしまいます。

 

その後は歩かずに病院に行って診断をしてもらいます。診断の結果から損傷具合にあった処置をしてもらうことになりますが、大体の場合はテーピングとサポーターで固定をして、自然に治癒していくのを待つことになります。

 

自然治癒力に任せるため、摂取する栄養素によっても治癒速度は変わります。肉離れの治癒に効果的な栄養素はビタミンBやビタミンEです。これらの栄養素は豚肉に多く含まれているので、肉離れになった場合には食事に豚肉を取り入れるようにすると効果的です。

 

 

肉離れのことをきちんと把握しておく

肉離れ予防

肉離れはよく耳にする割にはどのような症状なのか、どのような原因で起きるのか、どのように対処すべきなのかを知らないということが多くあります。それが原因で肉離れになってしまったり、余計に症状を悪化させたりしてしまうことにも繋がります。

 

肉離れについてしっかりと把握しておくことが大切だということです。

     

このページの先頭へ